古紙のリサイクルについて

  1. 福岡市事業系ごみ資源化情報発信サイト
  2. 古紙のリサイクルについて
  3. どれを選ぶ?機密文書処理方法
  4. 自社でのシュレッダー
古紙のリサイクルについて

自社でのシュレッダー

自社のシュレッダーで裁断された古紙は、オフィス等で使用する上質紙が中心なので、良質の製紙原料として利用できる可能性があります。ただし、裁断サイズが細かすぎたり、異物の除去が徹底できていない場合はリサイクルできないかもしれません。ごみとして捨てる前に一度古紙回収業者に相談してみてください。

※下記フロー図は代表例です。詳細は処理業者によって違う場合があります。

  • 排出事業者:溶解 排出事業者が自らシュレッダー→シュレッダーしたあとの紙くずを引き取りに来てもらう→処理施設に運ばれる→
  • 処理施設:圧縮・梱包→1トンほどの古紙のかたまりにして出荷→製紙メーカーに運ばれる→
  • 製紙メーカー:溶解(離解)→除塵→脱インキ→漂白→古紙パルプになる→
  • 古紙パルプを原料としてさまざまな古紙利用製品がつくられる

ページの先頭へ戻る