古紙のリサイクルについて

  1. 福岡市事業系ごみ資源化情報発信サイト
  2. 古紙のリサイクルについて
  3. どれを選ぶ?機密文書処理方法
古紙のリサイクルについて

どれを選ぶ?機密文書処理方法

機密文書は、機密性を保持したまま様々な方法でリサイクルされています。自社の情報セキュリティのレベルと処理業者の機密保持レベルがあった処理方法を選定する必要があります。必要に応じて処理施設の見学などを行い、安心して任せられる業者を見つけましょう。

また、処理業者によっては、溶解証明書などの証明書の発行が可能であったり、プライバシーマークやISO27001(ISMS)などの認証を受けていたり、書面で契約書を交わしたりなどしています。これらも処理業者を選定する際の目安とすると良いかもしれません。

裁断処理

  • 出張型

    裁断機を積んだ処理専用車で排出事業者のところまで出向き、機密文書を裁断処理します。裁断された紙くずは処理施設で1トンほどの大きさに圧縮・梱包された後、製紙メーカーに運ばれて製紙原料として使われます。

    出張型
    流れを詳しく見る
  • 引取型

    排出事業者に出向いて機密文書を引き取り、裁断機のある処理施設まで運搬して裁断処理します。裁断された紙くずは処理施設で1トンほどの大きさに圧縮・梱包された後、製紙メーカーに運ばれて製紙原料として使われます。引き取りから裁断・圧縮・梱包まで一貫して自社で行う場合と、裁断・圧縮・梱包を提携業者に依頼する場合があります。

    引取型
    流れを詳しく見る
  • 持込型

    排出事業者自らが、裁断機のある処理施設まで運搬して裁断処理を依頼する方法です。裁断された紙くずは処理施設で1トンほどの大きさに圧縮・梱包された後、製紙メーカーに運ばれて製紙原料として使われます。

    持込型
    流れを詳しく見る

溶解処理

  • 出張型

    溶解機を積んだ処理専用車で排出事業者のところまで出向き、機密文書が入った段ボールを開封することなく箱ごと溶解処理します。溶解してできた古紙パルプは、処理施設で1トンほどの大きさに圧縮・梱包された後、製紙メーカーに運ばれて製紙原料として使われます。

    出張型
    流れを詳しく見る
  • 引取型

    排出事業者に出向いて機密文書を引き取り、製紙メーカーやパルパーのある処理施設まで運搬し、機密文書が入った段ボールを開封することなく箱ごと溶解処理します。製紙メーカーに運搬する場合は、回収後、一定期間別の場所で保管する場合と、直接製紙メーカーに運搬する場合があります。

    引取型
    流れを詳しく見る

その他の処理方法

  • 単なる圧縮・梱包処理

    特に前処理を行うことなく、圧縮・梱包する方法です。他のたくさんの古紙と一緒に混ぜて押しつぶしたあと針金で締めて1トン程度の古紙のかたまりが作られます。この古紙のかたまりが最終的に製紙メーカーで溶解されますので、これで機密性が保持されていると考える排出者向けの方法です。

    単なる圧縮・梱包処理
    流れを詳しく見る
  • 自社でのシュレッダー

    自社のシュレッダーで裁断された古紙は、オフィス等で使用する上質紙が中心なので、良質の製紙原料として利用できる可能性があります。ただし、裁断サイズが細かすぎたり、異物の除去が徹底できていない場合はリサイクルできないかもしれません。ごみとして捨てる前に一度古紙回収業者に相談してみてください。

    自社でのシュレッダー
    流れを詳しく見る

ページの先頭へ戻る